パナセアの安全性

パナセアは、さまざまな安全性試験を行って人体などあらゆる場面での安全性が確保されています。

弱アルカリ性で無揮発のため、手荒れや乾燥、痛みを伴う心配もなく、敏感肌や肌の弱い人、赤ちゃんからお年寄り、家や病院・施設でも安心してお使いいただけます。

さらに、「安定型次亜塩素酸ナトリウム」は細菌やウイルスを除菌した後は、水と酸素、そしてごくごく微量の塩になり、万が一 手についてしまったり、口に入ってしまっても安心です。

●第三者検査機関における安全性試験で無刺激物と判定

(眼刺激性・経口毒性 ・皮膚一次刺激性試験) 
アルカリ性なので、万が一、直接口についてしまっても人体に危険はありません。 刺激性もないので安心。子供から妊婦、お年寄りまで気軽に使えます。

●弱アルカリ性のノンアルコール除菌水

アルコール製品のような可燃性や、有害な塩素ガスの発生、トリハロメタンの生成の心配もないので、どこででも安心してお使いいただけます。

●食品添加物を原材料とし安全

厚生労働省が定めた食品添加物の基準に沿って製造しており、さらに長期性能安定保存を実現しています。